読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神歌〆のブログ

戦国大戦でスキルがない人が勝ち抜くには

個人メタ

どうもかみうたです。
更新遅くなってすいません、今回は今まおながワラ運用してないので個人対策についてです。

プレイ時間的にもよく当たる人がいますよね。それの対策+α程度と思って貰えればいいです。



さて具体的な話に移ります。
最初に自分の考えから
対戦ゲームである以上対戦相手は人間です、ミスをしないのは無理です。
それを故意的に引き起こすための個人メタを自分は好みにしてます、他にも自分のやりたいことを通すためのメタ張りとかありますがプレイスタイルが噛み合わないためほぼ使いません。




このミスを引き起こすためのメタ張りについて言及したいと思います。
まずミスをする状況を考えましょう。
当たり前のことではありますが、プレイヤーはミスをしないようにプレイします。つまり冷静なときはミスが起きにくいです。
そこから対戦相手の冷静さを欠かせるための行動が一番手っ取り早いです。

読んでいただいている皆さんは自分自身がどんな状況で冷静さを失いますか?
一通りでは無いですが、多くは自分の思い通りの展開になっていない場合ではありませんか?

ここから至る結論は対戦相手の行きたいタイミングを妨害することです。
そんな簡単に出来たらいいのですが、それが出来ないので個人メタを張ります。

早い話、対戦相手が一番得意としているもしくは戦果を上げる状況を把握することです。
そこを凌ぐことに重きを置き立ち回りを組み立てることは対戦相手のミスを誘発することができます。



さて立ち回り的な個人メタでしたが、そのプレイヤーを知るということは得手不得手を把握しているということは得手を避け、不得手な部分が試合の中心にすることが可能ということです。
ある種卑怯なことではありますが対戦ゲームに置いて勝つことが主目的なので仕方ありません。





さてここまでは抽象的な表現が多かったので少し具体的な自分の話です。
自分はブログのサブタイトルに示したようにスキルに自信がありません、なのでそれを競う展開を嫌います。
故にぶっぱ突撃への反応が遅く迎撃を取れないので苦手です、しかもされると大体冷静さを失います。
この情報は一見大したことない情報ですが、自分をメタるなら活用できる情報なのではないかと思います。
こんなしょーもない情報でも自分から1勝を取れる確率は上がるのです、意外とバカに出来たものではないかと思いませんか?

○○さんはここが弱いとかここを付けば勝てるとかは書いたら怒られそうなのでやめておきます。
個々で研究してみてください。










最後に〆を書く前に小ネタとして
自分がよくメタを張る際に見ているポイントですが、手に持っているカードです。
理由は面倒なので書きません(笑)



最後まで読んでいただきありがとうございました。
また次回もよろしくお願いします。